紫 くろ喜 其の1132016/04/27 12:21:52

池袋西武での「紫」の催事出店。 前期・後期共に限定の一杯は頂いたので、何時もの「鴨そば」を頂きに3度目(屹度最後)の訪問。
紫 くろ喜 其の113-1
タイミングを計って到着したので、10分程の待時間で席に案内された。 黒木さんが「凄い処へ…」と仰る様に御隣のテーブルには飯田さんと富田さん。 今度のコラボレーションの打合せを兼ねて、との事。 「鴨そば」の後、一杯の「鴨和えそば」を仲良くシェアされて居ましたね。

紫 くろ喜 其の113-2
「大人の事情」で此の深い丼に為ったそうだが、丼を傾けて蓮華を使えば、スープを完飲出来ますね。 持ち上げて…と云うのはやや辛いですが… そんな丼で頂くレギュラーメニューは相変わらず美味しい。 御店よりも少しだけライトテイストにシフトされたのかな。 麺はパキポキと迄は持って行かずに腰が充分に感じられると云うレベルの茹で方で、一般的に好ましいと思われる。 あ…、翌日も来たく為っちゃったな。

コメント

トラックバック