今日の渦 其の6692016/04/20 01:01:00

荒崎近くの海岸で太陽が富士山の頂上真中に沈む際に見られる「キャッツアイ」を E-M5MkII に納めての帰りに「渦」に寄った。 もう20時を廻る頃だったが、満席で少々待った。 丁度何時もの席が空いたので、其処へ。 喉が渇いて居たので、「ダレヤメを生で」とリクエスト。
今日の渦 其の669-01

イッペイ君が丁寧に説明して呉れたのは
今日の渦 其の669-02
とんぶりを仕込んだポテサラ。 とんぶりは好物なので、嬉しい。 メキャベツとホワイトブロッコリーのバーニャカウダ。 何かの(笑)フライ。 胡麻豆腐じゃなくて何だっけ… 其れに海蘊。 何れも良く仕上がって居る。 御酒の種類に依って、摘まみの構成を変えて居るのね。 遣りますな。

此日の「ジャパン」は広島の純米大吟醸、「瑞冠 いい風」。 ラベルを見ると辛口の様なので、1合御願いした。
今日の渦 其の669-03
勿論、冷酒。 流石に旨い酒だった。

今日の渦 其の669-04
何時もの鶏皮餃子を頂いて、早くも主麺の運び。

今日の渦 其の669-05
とても久し振りに「鶏油まぜそば」をミノッチに造って頂いた。 少し太い丸麺と鶏油の風味の相性と素晴らしい。 不断に乗せられた節の香りも好ましい。 柚子胡椒をたっぷリ使うのが好きだが、ボリュームも充分以上。

翌朝の都合で此だけで、引き揚げる。 今宵に限っては良い子でした(笑)。

そばはうす金色不如帰 其の1012016/04/20 23:23:00

春らしい爽やかな天候の昼休みに「金色不如帰」に向かった。 風も心地良く、漸く花粉も少なく為って来た様だ。 此日も徹夜明けの山本さんが帰られた後、力丸君と松本さんでのオペレーション。

今回も「支那筍つけそば」を力丸君に造って頂いた。 テイストリニューアル迄は、此の一杯のテイストをじっくり味わせて頂こう。
そばはうす金色不如帰 其の101-1
細切メンマを絡ませて先ずは麺喰。 直喰にとても味合った佳麺で幾らでも喰べられそうだ。 でも、1/3程度で切り上げて…

そばはうす金色不如帰 其の101-2
付汁に浸す。 味わうべき麺と此の付汁の組み合わせの妙は毎度の事乍、素晴らしい。 更なる改善点が此れに存在するのかと疑う程の完成度だと思うのだが…

そばはうす金色不如帰 其の101-3
たっぷりの穂先メンマが別皿で提饗される。 此れだけでも幸せ、御得気分だ。

此週はとても久し振りに「覇」に伺えそうなので、楽しみにして居る。