今日の蔦 其の1902016/04/10 12:12:00

ミシュラン以降初めての蔦の限定。
今日の蔦 其の190-1

扨、何れの日の何時に整理券を取りに行こう、と思案。 最初の週を過ぎても殆どネットに情報が上がって来ない… 祐貴君のブログは読んで居るのだが、「呟き」は見落とす事が多い様で… 丁度、日曜日に仕事が入ったので、限定に間に合わなくても、レギュラーメニューで昼喰にすれば良いと気軽に考える事にした。 平日と同じ初電に揺られて、普段ならオフィスに寄ってから巣鴨に廻るのだが、此朝は直行。 詰まり、此れ以上は早く来られませんと云う最早時刻の6時20分頃に店頭へ。 ありゃあ~、既に40名程が並ばれて居る。 矢っ張り、田舎者には限定は最早喰べられないのか…と、最後尾で項垂れる。 直ぐに(週末はこんなに早いんだ、本当に御疲れ様です)松沢さんがシャッターを開けられて、整理券の配布が始まる。 限定が有る旨を伝えて、先ずは限定希望者に限定専用の整理券を配る様だ。 どうせ、廻って来ないよな…と思って居ると、列の後方に向かって、「他に限定を希望される方は居らっしゃいますか?」。 小生も手を挙げると、松沢さんがニコニコと遣って来て、渡して下さったのが、此れ。
今日の蔦 其の190-2

ヘビーリピーター(ヲタクとも云う)で無い限り、況してや初訪で有れば、ミシュランで評価対象に為ったレギュラーメニューを喰べようと思うだろうなぁ。 小生でもそうすると思う。 行成、限定には行かないよね、そりゃあ。 「開店後は限定希望者から先に入店して頂くので、10時50分には戻って来て下さい」との事。 で、10時30分頃には再び店の横に並ぶ。 こんな日の松沢さんは大変。 整理券の有無だけで無く、整理券の種類も確認して捌かなければ為らないからだ。 最近、余り出会わなく為って仕舞った常連さんだが、此日は御二人に御目に掛かり、色々と聴かせて頂いた。 フムフム…

今日の蔦 其の190-3
今回の限定は「どーん!!!味噌そば!」と店主のブログに有る。 「どーん!!!」なんだ(笑)。 此れは天草大王を沢山投じたと云う意図なのだろう。 タミ君の調理が進むと懐かしい「味噌の陣」の香りが店内に拡がる。 否が応にも大きな腿肉に目が行く。 当然、天草大王なのだろうが、丁寧に味噌の風味が施されて居る見たいだ。 良い味わいは当然だが、温度が少し低いので最初にスープに沈めて仕舞うのが、小生の流儀だ。 マッシュポテト(だよね、間違って無いよね)に乗って居るパウダーはポルチーニ茸なのかな。 独特のあの風合を感じるから… オニオンの微塵切は「蔦の葉」を想い出すなぁ。(復活のニュースを早く聞きたい物だ) 煮たキャベツが彩りを添える。 スープは「味噌の陣」を更に膨らませた印象だ。 大量に投入した大王様の丸鶏の味わいで「味噌の陣」を超えて居る… そうは思うが、「味噌の陣」のスープもとても美味しかったからなぁ… 其の差が大きく開いて居る様には感じなかった。 翻って考えれば、其れだけ「味噌の陣」のテイストレベルが高かったと云う事なのだろう。 小生の様な駄舌では、両方並べて頂かないと違いをコメントし難い。 店主殿に「駄目だ、此人は矢っ張り判って無い」とか云われて仕舞うんだろうな(笑)。

今日の蔦 其の190-4
「筍御飯」。 スタッフに依っては「タケノコメシ」… 「スープを掛けて」との事だが、先ずは直喰。 此れはマッシュポテトじゃないのか? 「筍クリーム」不思議なタッチだが、此れはスープ前提でしょう。 後で入れたスープと凄く馴染んだ。 御飯や筍のテイストは敢えてライト仕立で、矢張スープ前提。 御飯の中に更に筍が隠れて居る。 半分程に為った処でスープを適量投入。 成程、余計な事をせずにこうして頂くのがベストだと納得。 良い組み合わせの御飯でした。

御馳走様でした。 此れを頂けて良かった。