紫 くろ喜 其の1082016/04/01 23:23:00

此週も「紫」に着いたのが昼休みの真中。 此日は秋葉原でアニメ系の大イベントが有った様で(中根君情報)、何時もよりも混んで居るらしい。 後刻に秋葉原の駅へ出たが、其れは其れはフリークな男女で溢れて居た。 「紫」の行列の中にも国内は勿論、韓国、中国、台湾から御越しの皆さんが大勢居らっしゃる。 そんな方々は「くろ喜」の並び方に不慣れなので、中根君は大変そうだ。 小生の前に並んで居た方が待時間の見込を問われたが、中根君は「40~45分です」ときっぱりな回答。 そして、正に45分後に着丼、御見事でした。 「くろ喜」の回転の良さは特筆物だ。 今回は「鴨つけそば」のターン。

紫 くろ喜 其の108-1

紫 くろ喜 其の108-02
麺を沢山頂きたいのだが、大盛にする程には元気に乏しい。 麺を味わって、春菊を楽しみ、付汁に麺を泳がせる。 何時もの様に美味しい一杯に感謝。 此れ、本当に大好き。

紫 くろ喜 其の108-03
前日に満開と為った東京の染井吉野。 娘が iPone で撮ったのをレタッチ。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の82016/04/02 01:01:00

此日の「NEKTON藤沢」は妙に賑わって居る。 4月1日と云う事も影響したのかな…

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の8-01
18時を廻って、仕事をされて居る方々の御邪魔に為らぬ様に配慮しつつも、辰也君にハートランドを御願いする。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の8-02
此日の鶏チャーシュウはハーブの香り。 適度に柔らかい喰感も良いねぇ。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の8-06
で、今回もボトルで頂いた。 「鎌倉」よりも「湘南」が好きだね…御酒の話です(笑)。 久し振りに御会いした元渦スタッフのY君の御話を沢山聴かせて頂いた。 チャレンジャブルな展開で、楽しみな事、大変な事…沢山、待って居そうだけれど、応援して居ます。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の8-03
春キャベツをピリ辛なソースで頂く。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の8-04
癖の無い煮干と鶏の風味が高いやや濃い目の醤油スープ。 平打気味の麺との相性が良い。 何時も乍、こう云った環境とプロセスで此処迄造れるのは大した物だ。 徐々に「らしさ」も加わって来たし、益々先が楽しみに為って来た。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の8-05
塩ラーメンのフォトも参考に。 翌週は此方を頂いて見ようかな。

毎週、毎週、来て下さる方が増えて居る。 金曜日の18時過ぎは、「NEKTON藤沢」をラーメン屋さんにして仕舞おう(笑)。

今日の渦雷 其の882016/04/02 23:23:00

つくばに伺う前の腹拵え。 「渦雷」には随分と御無沙汰して仕舞った。 花粉の季節は何か切掛が無いと外出する踏切が付かなくて…

今日の渦雷 其の88
頂いたのは「中華そば 塩」。 塩を頂くのも随分と久し振りだ。 醤油共々、ブラッシュアップが繰り返されて居ると伺ったが、此の塩スープは凄く向上した様に思う。 此迄も、勿論、美味かったのだが、洗練度が違って来た様に思う。 高尚なテイストだが、旨味は充分と云う印象。 流石は芳実オーナー、面目躍如だ。 小生には塩のスープの方が違いが判るのかも知れないが、今回のインプルーブメントは大きいと思う。 良いね!