53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の72016/03/27 01:01:00

此日は花粉症が酷くて(を自分への言訳にして)午後は御休み。 秋葉原から藤沢に直行。 快適な作業スペースの(Wifi も充分な速度が出て居る)「NEKTON藤沢」で写真の整理等をして居ると辰也君が来る時刻に為る。 何度も書いたが、小生は此の流れがとても気に入って居る。 仕事場に辰也君が喰事を造りに来て呉れる様な気分で、彼は「マイシェフ」殿で有る(笑)。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の7-01
何時も被写体ブレするので、今回のポーズは「ヤラセ」で…す。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の7-02
未だ可也の方が仕事をされて居るのだが、18時を数分でも廻った事を確認して、カウンターへ移動。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の7-03
春キャベツを味噌で頂きます。 此の季節ならではの甘いキャベツが好いね。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の7-04
レアな印象のチャーシュウをオリジナルのタレで頂く。 毎週の御楽しみだ。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の7-05
前週迄と同じ酒蔵の別ボトル。 此方は淡麗過ぎて小生には少々物足りない… で、ボトルで頂いた…って、理由に為らない(笑)。 遂にこんな事をする日が(早くも)来て仕舞った。 此夜も沢山の方に居らして頂いたので、カウンターを御譲りして自席へ。 水の振りをして此れを飲んで居たのは、全員にバレて居た。 でも、大人しくして居たので、御迷惑には為らなかった、筈。

辰也君には女性の御友達も多い(何と穏当な表現なのだろう)。 此夜も騙されて居るんじゃないだろうか(笑)と思える御穣さんが小生の話し相手に為って下さった。
53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の7-06
メンマは日本酒にとても合う。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の7-07
鶏チャーシュウ。 柚子胡椒で頂きます。

53's Noodle 麺や五味@NEKTON藤沢 其の7-08
漸く(笑)主麺。 「煮干ベースでありながら神奈川淡麗系をイメージして作ってみました。」 との事だが、テイストスタイルとしてはノスタルジックな部類に属するだろう。 確かに煮干風味はそこそこ高いが、其れが傑出しないで良くコントロールされて居る。 其処に懐かしい鶏ニュアンスの醤油スープが巧く組み合わさる。 焦葱も相性が良く、細部に迄考えが及んで居る感じを持った。 辰也君の一杯は何れもバランスと構成が的確なのが、特徴だろう。