京都銀閣寺ますたにラーメン@日本橋 其の922016/03/15 12:12:00

こんな位置に御日様が顔を出す様に為ると春。
京都銀閣寺ますたにラーメン@日本橋 其の92-1

本来の麺スケジュールでは、「KABOちゃん」に伺う予定だったのだが、大量の花粉を運ぶ強風を恐れて、地下通路を長く使える御近所に日和って仕舞った。 と云う事で、「京都銀閣寺ますたにラーメン」へ。

京都銀閣寺ますたにラーメン@日本橋 其の92-2
カウンターに「春限定」のパンフが置いて有ったので、其れを御願いして見た。 そう云えば、前回来た時にも「御知らせ」が掲示されて居たな。 熊本ラーメンの「黒麻油」と京都の「鶏ガラ醤油」との融合作品らしい。

京都銀閣寺ますたにラーメン@日本橋 其の92-3
余り見目麗しいとは云えないルックス(笑)。 丼を持ち上げてスープを飲む感じでは無いので、蓮華に手を伸ばす。 おぉ、正に謳い文句通りかも… ますたにの鶏ガラ醤油スープをライトにアレンジして、其処に麻油を突っ込んだと云う判り易い印象。 だが、相乗効果は思った程には「来て」居ない。 麻油も悪くは無いのだが、「京都」との相性がイマイチと思えて仕舞った。 春キャベツが沢山入って居るのは歓迎だし、麻油塗れ(笑)なのも小生は好きだ。 バラ肉のチャーシュウは美味しいし、木耳はそもそも大好きだ。 麺は「少し固目」と御願いしたのだが、緩い印象。 普段の麺よりもツルっとした…何と云うか近代的な麺。 でも、小麦粉の風味は抑え気味で小生としては、何時もの麺で造って欲しい気分だ。 もっと固目にすればベターだったのかな。 う~ん、もう1回頂く決断はしないかな… ノーマルな一杯に騙されて居たい。