今日の渦 其の6392015/08/16 01:01:00

開店を待つ小生にAちゃんが蚊取線香を焚いて呉れた。
今日の渦 其の639-01
小生は覚えて居なかったのだが、此の豚さんは9年前の渦開店時に娘が贈った物だそうだ。

此夜、小生の居場所は此処しか無かった。 前触れも無く届いた知らせに心が塞ぎ、予定を打っ遣らかして渦。 話し掛けて欲しい時、そうでは無い時、ちゃんと気分を読み取って呉れるスタッフ。 此夜は圧倒的に後者。 放って置いて貰える居心地の良さ。 何時もの端のカウンターに腰を掛けると彼是と想いが巡る…

今日の渦 其の639-02
麦酒。

今日の渦 其の639-03
此夜のダレヤメセットに添えられた品々は豪華だ。 濃厚なチャーシュウから手を付けて、ビールを楽しむ

今日の渦 其の639-05
ワインの気分では無く、預けて居たかどうかも覚えて居なかった太平楽のボトルをAちゃんが持って来て呉れた。 洒落たアイスペールには竹製のアイストング。 金物トングよりもずっと好きだ。 何時の間にか描いて呉れたボトルのホワイトに和む。
今日の渦 其の639-04

「取って置きの一皿」とケンちゃんが出して呉れたのは、鯵のなめろう。
今日の渦 其の639-06
成程、特に美味しいね。 太平楽にもピッタリだ。 盛付も「其れ」らしいと云っては失礼だが、決まって居る。 白髪葱の包丁が巧みなので、思わず「何方が…」と伺って仕舞った。 新しいスタッフ、Mさんの腕前との事。

今日の渦 其の639-07
「味噌ピリ辛」を小盛で造って頂いた。 実はとっても好きな一杯で、安心、安定の美味さ。 時に無性に頂きたく為る一杯で、心も満たして呉れる。 御馳走様、随分助かりました。

コメント

トラックバック