今日の蔦の葉 其の602015/08/06 01:01:00

「麺友・酒友」以外の知己をラーメン屋さんに伴う事は無い(キッパリ)。 彼女/彼等以外の友人、同僚で小生がラーメン好きだと知って居る人は居ない(笑)。 だが、初めて友人を伴って「蔦の葉」に伺った。 とても御世話に為った同僚が、定年退職されたので、プライベート送別会と新たな御付合を願っての事。 「蔦の葉」を選らんだのは、ラーメン好きの彼の自宅が近かったと云う理由だ。

ビールで乾杯。
今日の蔦の葉 其の60-1

牛肉の時雨煮を摘まんで、鴨チャーシューを頂く。
今日の蔦の葉 其の60-2

今日の蔦の葉 其の60-3

小生は醤油つけそば。
今日の蔦の葉 其の60-4

今日の蔦の葉 其の60-5

彼はベースの醤油そば。 気に入って貰えた様で何よりだ。

蔦本店の場所を紹介して、スイーツも好きな人なので、近くのケーキ屋さんを案内してから「楽」でワイングラスを傾ける。
今日の蔦の葉 其の60-6
ドメーヌ・シャポトン ル・レッド・ピフ。 ロームはドロームのテーブルワインだが、格上を凌駕する美酒だ。 タッチが穏やかなのも彼に向いて居ただろう。 良い夜に為った。 亦、こんな機会を持てます様に。

麺屋KABOちゃん 其の1202015/08/06 23:23:00

11時を待たずに記録更新で、7連続猛暑日。 前回伺った時には御疲れに見えたカボちゃん。 気に為って、呆れる暑さの昼休みに霜降商店街に向かう。 此日は彼のコンディションは良い様で安心した。 「XXさんが来たら造ろうと準備して居ました」と超嬉しい事を云って呉れる。

其れは、此! 「冷やしつけ麺」。
麺屋KABOちゃん 其の120-1

麺屋KABOちゃん 其の120-2
今は無き「めじろ」を源流にしては居るが、カボちゃんのアレンジで更に味に研きが掛かった。 グレープフルーツに器用にナイフを入れるが、此を添えるのが特徴の作品。 此日は一寸特別な麺だったのもラッキーで、ツルっと感と小麦粉のニュアンスが素敵な麺だった。 勿論、沢山直喰したが、スープも直飲。 当然に濃いテイストだが、まったりした甘辛の醤油のリッチな印象。 そして香ばしい焦がし葱がとても良い感じだ。 焦葱の保存法を編み出した様でカラパサの喰感が最高だ。 スープの方にもグレープフルーツを搾って、最後迄、生で飲み干す。 懐かしくも旨い温故知新の一杯に大感謝。