今日のワイン 其の9892015/02/02 20:06:17

シャトー フォンブロージュ
Ch. Fombrauge  Saint Emilion Grand Cru  2009

今日のワイン 其の989-1
此の歳に為るとオフィスでの働き方は「ワークライフバランス」だの、シナジーだのと云う単語を持ち出す迄も無く、自由が効く様に為る。 渦の下関大丸への訪問の翌日は園児並に「御疲休暇」を頂いた。 呆れる奥さんは忙しく外出し、昼御飯は何にしよう… 最近、自宅近辺でもサービスが開始されたマックのデリバリー。 経営の不味さ(小生の個人的見解)と御難続きで危うい状態のマックだが、前者は兎も角、小生は後者要因は気にしちゃ居ない。 んで、ネットでオーダー。 10分強の配達遅れは、システムの設定時刻が厳し過ぎる結果と配達の御穣さんに同情。

扨、何か開けよう…
今日のワイン 其の989-2
で、此れ、シャトー・フォンブロージュ。 美味しい! 年末にロックスオフの若林さんに小生好みの…と選んで貰った。 何回も書いたが、自分以上に己の好みを知って居るエキスパートの存在は何にも代え難い。 正月に娘と飲む予定で頑張ったボトルなのだが、其れは孫の発熱でキャンセルに為った(涙)… んで、今日独りで飲んじゃう。 「矢っ張り、値段通りなんですよね」と良く耳にする言葉だ。 確かに此のボトルも安くは無かったが、コストパフォーマンスは抜群。 元々、サンテミリオンはボルドーの中でも好きな地区だが、グランクリュのアペラシオンで此の値段かい?と感謝すべきだろう。 中興の祖と云うか、現代の立役者と云うべきか、ベルナール・マグレ氏(バックエチケットにフォト入りで紹介)の熱心な経営で、パプ・クレマンの法王の印を刻印するに至った。
今日のワイン 其の989-3

一方でパートナーで有る、ミッシェル・ロラン氏の作風が良く出たヴィンテージだと思う。 びっしりとした果実感で旨味たっぷり、将にグラン・クリュ(2012年認定)の面持ちで有る。 タンニンにはボリュームが有るのに細かくて、酸味やミネラル感とのバランスがオプティマイズされて居る。 一言で云うと「ヘヴィでも粋なワイン」で有る。 何でこのヴィンテージのパーカーポイントが低いのだろう? 判ってないんじゃね?(笑) チーズバーガーやナゲットを届けて頂ける時代に感謝して、ワインとハンバーガーのコラボを楽しむ。 んで、娯楽は… アプのラブチーノ(笑)。

前回のワイン記事のシリアルは952で、今回が989か… サボってばっかだな。

コメント

トラックバック