龍亭@仙台2011/11/04 01:01:00

小生は交ぜない方が好みで、奥さんは混ぜる傾向が有る。 一皿に盛られた料理の話だ。 この冷やし中華を前にして、そんな事を考えた。 昼に志のぶのメニューに有った冷やし中華に惹かれた小生だったが、地元の皆さんに伺うと、仙台は冷やし中華発祥の地だそうだ。 其れで通年喰べられるとの事。 更に仙台でも最初に冷やし中華を提饗したと云う店に連れて行って頂いた。 「龍亭」と云う名前の店は、入口の装飾がやや派手では有るが、普通の中華料理屋さん。 元祖冷やし中華は、「涼拌麺」と云う名称だ。 「拌麺」は、中華料理の汁無しの和えそばで、調理人さんが賄いで喰べる事が多いと、ずっと以前に聞いた事が有る。

龍亭@仙台-1
ビールで喉を潤して居ると、最初に具だけが別皿で用意される。 錦糸玉子、チャーシュウ、胡瓜、ハム、鶏の笹身、木耳だが、此等が丁寧に処理された様子が良く判る。 胡瓜の外皮が綺麗に剥かれて居るのが、特に印象的だ。
そして、2,3分待って麺が届く。 ボリュームが少ないので、どの具をどれだけの麺にアサインするかを考える。 或る人は最初に全ての具を綺麗に盛り付けて、普通の冷やし中華ライクに仕立て上げる。 だが、そうして仕舞うのなら、調理サイドでの盛り付けプロセスを代行したに過ぎない。 態々、別皿で出して頂いたのだから、小生としては交ぜないで、ひとつ一つの具を別に頂きたい気分になった。

龍亭@仙台-2
最初に麺を頂く。 タレは醤油と胡麻が選べるが、少し考えて後者にして置いた。 胡麻ダレに浸された細いツルツルした中華麺は、頗る美味い。 いや、タレも麺も至高の味わい。 吃驚させられる程だ。 麺にはプリプリのシュリンプが2尾乗って居るが、この印象も悪くない。 計算したボリュームの麺を其々の具で独立して頂くが、こんな頂き方は初めてだ。 だが、このスタイルは小生の好みに合って居る。 どの具の味わいも洗練されて居り、胡麻ダレと麺の風味と具の味わいがとても心地良い。 流石に元祖、小生は余り冷やし中華を喰べる方では無いが、この冷やし中華は此迄に頂いた中でナンバーワンだ。 いや、此だけで来た甲斐が有ったと云う物だ。 仙台駅迄、足取りも軽く歩き、祝日前で賑わう新幹線で帰京。

多摩組@東京ラーメンショー20112011/11/05 01:01:00

前夜遅くに仙台から帰京したと云うのに、9時過ぎの東海道線に乗り込む。 義母の入院先に向かう前に自由が丘で途中下車して、タクシーで駒沢公園へ。 10時の開店時刻直後と云うのに会場は大変な賑わいで、人気ブースの行列は既に100人単位だ。 御目当ての「多摩組」を探して歩く。 おぉ、漸くと云う感じで見付ける。 と、耳元で「多摩組へどうぞ!」と蛮声で喚く奴が居る。 振り返ると、ラーメン女子大生… では無くて(笑)、カボちゃん。 手作りの看板を掲げて、結構真面目に呼び込みを行って居る。

多摩組@東京ラーメンショー2011-1
其処へ凪の生田さんが遣って来て、看板に追記をして、更に派手と云うか、手作り感が増す(笑)。 この後、この看板はラーメン女子大生にバトンタッチされたらしいのだが、御目に掛かれなかった、残念。 扨、多摩組の前の行列は20人程だ。 ホームページで告知された暗号?を伝えると肉が大盛りに為るのだが、いえいえ、普通盛で充分です。 こんな早朝にも拘わらず、何人かのフリーク諸兄が其処彼処に… 陽射し避けのテントの中に席を見つけて、腰を落ち着ける。

多摩組@東京ラーメンショー2011-2
えっと、今回の作品名は「牛肉ブッコミそば~こんなに盛られちゃいました~」だそうだ。 肉も麺も中々のボリュームで、この手のイベント作品としては珍しい。 此れに串等のトッピングをしたら、大変だ。 更にステーキ肉を乗せたら、どうなるんだろう? ブース脇で七味と一緒に加えたのが、生姜とばかり思ったら、大蒜で… あ、あらぁ、此は失敗。 本来の味わいを損なって仕舞ったかも知れない。 清湯スープの醤油テイストはやや甘いが、乗せた牛肉のテイストと旨くコラボする様に牛ダシと野菜たっぷりにデザインされて居て、印象が良い。 蘖と貝割が乗り、マイルドな感じがするのは隠し背脂の働きかな。 中細ストレート麺の喰感はボリューミーで、餅っと御腹に蓄積される。 1回の訪問で1喰しかしない小生は歓迎だが、フリーク氏の連喰には向いて居ない? いえいえ、皆さん、物ともしないでしょうねぇ。 七味はしゃぶしゃぶ風の肉に良く合うのだが、大蒜は入れ過ぎた事も合って、チト失敗だったな。 常時持ち歩いて居るブレスケアで対策。

多摩組@東京ラーメンショー2011-3
この後は、馬友と大井競馬場で待ち合わせ。 TCKにしては、本命サイドで決まるレースばかりで、高いラーメンに付いて仕舞った(汗)。

多摩組@東京ラーメンショー2011 2日目2011/11/05 23:23:00

もう1枚、前売券が手許に有る。 早起きして、実家に向かう奥さんと一緒に通勤電車で東京へ。 連休の硲なので、普段よりは混んで無いのだろうが、横須賀線の保土ヶ谷、横浜間は押し合い圧し合いだ。 小生のオフィスは休暇推奨日で、大手を振って御休みなのだが、真逆か通勤電車に乗る羽目に為るとは思わなかった。 況してや、取引先のエンジニア氏とバッタリなんて… 奥さんと別れて、駒沢大学駅へ。 この日は此方側からのアプローチ。 このルートにはすっかり慣れた物だ。 開始時刻迄30分程時間が有るので、裏口を覗いて廻る。 と、前日のカボちゃんの様に助っ人に駆り出されて居るフリークの方に何人も出会す。 多摩組では、ケンさんが看板造りに忙しそうだ。 コナモン会長と久し振り御目に掛かった。 大崎御大も携帯片手に御忙しそうだ。 皆さんに御挨拶した後、表に廻ると人気店の前には早くも数名の列が出来て居る。 本当に久し振りに御目に掛かったシラスさんは、「無鉄砲xとみ田」の前。 やっぱり、此処ですかね。

多摩組@東京ラーメンショー2011 二日目-1
小生も倣おうかと思ったのだが、結局、生田さんに誘われる儘に多摩組の列に… 多摩組の作品を2杯喰べた方はいらっしゃるだろうが、其の2杯だけで他を喰して居ないと云うのは、屹度小生だけだろう。

多摩組@東京ラーメンショー2011 二日目-2
この日は、前売券に暗号を書いて行ったので、肉増(笑)。 この日は、大蒜には手を出さずに七味だけを振って、テントへ移動。 前日の1/3程度の人しか居ない感じだ。 やっぱり、作品の印象はボリューム感が一杯。 醤油テイストの中にたっぷり野菜の甘味が効いて居る。 牛肉は盛沢山でスープに浸して頂くととても美味しい。 程々の七味は肉だけで無く、スープにもマッチして居る。 麺は中細ストレートだが、小麦の風味も少し感じられるが、味わい的には控え目。 但し、ボリュームは相当に感じる粘麺。 此は他店との連喰を許さない作戦(笑)かと思って仕舞う。 スープの完飲は遠慮したが、このスープ迄飲み干したら、大変だよぉ。

扨、娘のPCが不調と云うので、出張メンテナンスに行かねばならない。 時間の掛かりそうな作業を控えて、駅へ急ぐ。 と、桜の花に出会う。 2011年は颱風の影響で染井吉野の返り咲きのニュースも耳にするが、此れは花弁に突起が有るので、冬桜だろう。
多摩組@東京ラーメンショー2011 二日目-3
冬桜の傍で FILE さんと擦れ違う。 「女子大生、来られてました?」の御質問。 あら、この日も御会い出来ずに残念無念。