F1 2011年 アブダビGP 決勝2011/11/14 01:01:00

ヤス・マリーナ・サーキットは、好きなレーシングコースだが、トワイライトで行われる風情は、シンガポールとは全く違うムードが漂う。 TVのスクリーンでは無く、転戦するサーカスをフォロー出来る身分だったら良かったのに… 大きなクルーザーで廻れるなら、もっと良かったねぇ。
セブが2011年14回目のPPを獲得し、ナイジェルの記録に並んだ。 喝采を送ろう、此れは大記録だ。 楽では無いPP獲得に見えて仕舞ったが、ルイスの小さなヘグリが有ったとは云え、タイム的にはコンマ15のギャップが有る。 Q3の最終盤、今回はジェンソンのポールかと思った直後に、1000分の9だけルイスが上廻って、セブはセカンドローかと… だが、セブがフィニッシュラインを越えた時には、「1」が表示された。 全く魂消た若者で有る。 2セクターで刻んで来やがったのか… 今回のクオリファイからセブの顔を右斜(セブから見て)から撮るオンボードカメラが設置された。 4Gが掛かるコーナーを物ともせずに、瞬きを殆どしないで通過する表情は神々しくさえ写る。

F1 2011年 アブダビGP 決勝
そんなセブに真逆、まさかのトラブル。 神さえも嫉妬したセブの走り、抜群のロケットスタートで1コーナーを制したが、2コーナーでスピン。 右リヤタイヤがパンクしたのだ。 ゆっくりピットに戻って来たのだが、距離も長く、サスペンションのダメージが大きくて、1年振りにリタイヤの憂き目に。 思わずコックピットで、右手のチクショーポーズ。 だが、セブはサーキットを後にする事も無く、ピットウォールに留まり色々と「御勉強」。 バーニー迄もが慰問?に来るとは、流石、セブの人気っぷり?だ。 記録を破られる可能性が無く為ったミハエルは、ニンマリしたのではないだろうか? 其のミハエルは同僚のニコとコンタクト擦々の争い。
一方で、フェルナンドがジェンソンを交わして、2番手に上がる。 この後のフェルナンドのブロックラインの取り方は巧みだ。 ジェンソンはマークとも抜かれつ、抜きつの戦いだが、8周目にはDRSギャップ以上に引き離す。 だが、13周目に KERS のトラブルを訴え、マークに責っ付かれる。
17周目にトップのルイスとフェルナンドが同時にPI 。 12秒後にジェンソンも入れるマクラーレンのピットワークは、「遣るなぁ」の評価。 翌周のマークのピットワークは、ロリポップがリリースの安全係数を高く取り過ぎて、9秒4。 ジェンソンにギャップを広げられて仕舞ったどころかフェリペにも後れを取る。 DRSの使い合いで、抜いては返され…の状況。 此れは2台に近付かれて居たジェンソンには好都合。 ん? ペースも上がって来たな。 KERS は直ったのか?
36周目にマークが逸早く2回目のPI。 フェリペをアンダーカットしようと云う戦略だが、オプションタイヤを履いた儘なので、3ストップかい…? 翌周にジェンソン、此方はプライム、当然だ。 41周目に余裕のルイスが入るが、フェルナンドは此処が飛ばし処と頑張って、3周遅れでピットイン。 だが、HRTのマシンに引っ掛かった事も有ったし、ピット作業が特別速くも無くて、全く駄目。 一方で、42周目にマークがジェンソンの前に出る… でも、3ストップだし。
49周目にフェリペがスピン… 此れでは3ストッパーのマークに先行されて仕舞う。 2011年のフェリペは駄目だな。 最終ラップで、マークはプライムに履き替えて出て行く。 こんな作戦だったの? いや、状況の変化でこう為ったんだよね。
ポディウムにレッドブルが居ないのは、前年の韓国以来だ。 ルイスはガブガブ飲んで居たが、アブダビだから、何時ものエチケットとは違うボトルが用意されて居たんだよね。 この夜のルイスの走りを見て居ると、セブと争わせたかったと沁みゞ思う。

コメント

トラックバック