西尾中華そば 其の2302011/10/16 01:01:00

土曜日の朝、何時もと同じ様に2番電車でオフィスに向かう。 強風で15分も遅れたのだが、まぁ空いて居るので有る。 昼休みにフケて…とか、叶わずで、空いた御腹を抱えて、17時20分頃に霜降に到着。 既に降りた夜の帳の中に其処だけが輝いて見えるのは、渇望の所為か? そう云えば、この週は一度も顔を出せず終いだった。 西尾さんも、「何か久し振りの感じ」と仰る。

西尾中華そば 其の230-1
ビールを頂いて、ヤレヤレ…と長かった一日の溜息が混じる。

西尾中華そば 其の230-2
日曜日も早朝興行だが、アガヴェを一杯。 此れでボトルが空いたので、日本テキーラ協会に追加発注を掛けねば、ね。 林会長、宜しくです(笑)。

西尾中華そば 其の230-3
ボトルが空に為ったのは寧ろ幸いで、深酒をする前に主麺を頂戴する事にした。 折角の土曜日の夜なので、鶏中華を御願いする。 前週の「小つけ麺博」では、雉のつけ麺も提饗されたのだが、雉スープは翌週の鶏中華で振舞われるとの事。 でも、この夜の一杯は、「塩」が特別なのだ。 あの山形に有るイタリアンの名店(?異論山積?)、アルケッチャーノ謹製の「月の雫」。 兎も角、マイルド。 そして、オイルとの相性が凄く良い。 丸で塩と油が一体化した見たいにマッチする。 思わず、オイルは変えて無いよね? と問うて仕舞った。 何も奇を衒わずに、ストレートにシンプルにこの塩の素質が引き出された一杯。 然り気無い作品だが、この一杯を喰べられた事はラッキーだ。 鶏肉との相性も勿論、抜群だし、焦がし葱の香ばしさがとても合って居る。 翌週の雉な作品も楽しみだが、来られ無いかも知れないなぁ…

IS11T 其の22011/10/16 04:04:00

前回、IS11T には致命的な問題は無いと書いたが、致命的と迄は云わないが、可也厳しいのが、300MBと云うメモリー搭載量だ。 当初は400MBと云われて居たのだが、当世、最低でも500MBは欲しい処だ。 普通のユーザーは300MBでも足りて居るのかしらん? 遅い遅いと我慢して居るので無ければ良いが… ノーマルユーザーはフルキーボードなんて要らないのだろうから、この機種は選ばないんだろうな。 では、ヲタク仕様? んじゃ、300MBなんて初日に使い果たしちゃう。 勿論、タスクマネージャー系のソフトで、少ないメモリのマネジメントをしては居るが、不必要な「絶対常駐ソフト」が設定されて居り、殺してもゾンビの様に復活して来やがる。 root が取れると、こう云う鬱陶しい族(やから)を排除出来るのだが、国産アンドロイド機種の root 化は困難だ。

奥さんが1ヶ月程先行して、7年使い続けた W22H を IS11CA にリプレースした。(デザインが似てる) 我家程、旦那と奥方の間にデジタルディバイド?の有る処は少ないだろう。 ヲタクに近い?小生とPCの電源スイッチを探す奥さん…ね。 そんな奥さんの IS11CA に凝った設定をしても混乱するだけなので、簡単操作、楽が出来るソフトの導入だけに留めた。 (御好みの派手なライブ壁紙だけは御要望に従った) そんなこんなで、アンドロイドに慣れる時間は充分に有ったし、入門書から裏技書迄を読破して、IS11T の到着を待った。

IS11T 其の2
遅いと悪評のホームアプリを最初に入れ替えた。 当初は御多分に洩れず、「ADW.Launcher」を入れたのだが、サクサク感が物足りなくて、現在は「Zeam Launcher」に落ち着いた。 だが、単品では使い勝手がイマイチなので、「PreHome」と「QuickDesk」を併用して居る。 他のアプリの使用中でもホームページを重ねられるのが、とても便利だ。
所謂、便利系のソフトは色々試して其也に楽は出来る様に為ったのだが、省略出来た手間の割には、メモリイーターの悩みも大きく、天秤の振れを見据える事が肝要。 小生が日常使って居る物を幾つか挙げておこう。
Wifiや同期の可否、省エネ等の設定の組み合せ(プロファイル)を登録して、「自宅」、「外出中」、「オフィス」等で、一発で切り替える「ToggleSettings」と云うソフトが便利なのだが、GPS情報で位置を察知して、上記の各設定を自動的に切り替える、「AutomateIT」と云うソフトも有る。 屋根の有る場所だと、GPS測定が出来ないので、思う様に切り替わらない事も有るが、優れたソフトだ。 GPSの位置情報だけでなく、「AutomateIT」は「作動条件」と「作動内容」の設定可能項目が多く、非常に有益なソフトだ。 もう少し、メモリを喰わないと尚良いのだが…
小生はPCとのファイル交換を頻繁に行うので、「Dropbox」、「SugarSync」、「ES FileExplorer」等を試した。 セグメントが同じ場合に Wifi 接続でファイル交換をするなら、「Remote Web」が小生には一番扱い易かった。
PCのデスクトップをリモコンするなら、「TeamViewer」がベストだと思う…が、其れでも尚、緊急作業用だろう。
オフィスではデスクの上に置いて居るのだが、「美人時計」を出して置く程には大胆で無いので、「Flamer」で画像サイトの画像をフォトフレームライクに表示させて居る。 設定した画像検索のキーワードは「風景」だが、一度、「レースクイーン」とか指定して見たいねぇ(笑)。

Google と連絡先が同期しないとか、連絡先の誕生日がジョルテに反映されないとか、結構思わぬ苦労も有ったが、何時もネットで先達の解決策を見付けて対処が叶った。 実に有難い。 小生もチョコチョコと自分の経験をアップして、ギブアンドテイクの精神は大事にして居る。 其れにしても、某巨大掲示板は小生の棲める処じゃ無いわ(笑)… 此れ迄弄って思ったのは、アンドロイドはやっぱりPCで有り、携帯電話では無いと云う事。 携帯電話でもネットを観て、メールを交換して、と云う事が充分に可能なのだから、アンドロイドならではの使い方をしないなら、フィーチャー・フォンを選ぶべきだろう。 余計な苦労をしない為にも…

別件だが、auのアンドロイド端末での、Eメール(@ezweb.ne.jp)の遅配問題には、奥さんも小生も悩まされて居る。 全てのメールでは無いが、2~3時間の遅れは頻繁に起きる。 ネットにも情報は多いが、どの対策も効果は限定的で、此れはauの対応に期待するしか無い。 小生は以前から auone-mail に転送をセットして居るので、此れを5分毎にチェックさせる様にして、対処して居る。

F1 2011年 韓国GP 決勝2011/10/16 23:21:35

前年程では無いが、未完成な印象が拭えないヨンアムのサーキット。 空撮だと長閑な田園が広がる地域で、F1マシンの爆音が似付かわしく無い。 P1、P2と可也の雨で実質的なプラクティスは土曜日の午前中だけと云う状況でクオリファイに突入。 セブの、レッドブルの連続PPを止めたのはルイス。 絶好調な走りで、セブをコンマ222も
抑える。 星をふたつ描いたチャンピオンヘルメットを被ったセブは、当然残念そうだ。 ルイスは鬱憤を晴らした格好だが、笑顔は無い。 3番手は、鈴鹿を勝ったジェンソン。 誰も嬉しそうでは無い、変なインタビューだったな。

<ファイナル>
ルイスにはタイヤを保つ様なドライビングは難しいだろう。 タイヤのオペレーションを中心としたタクティクスのセブとジェンソンが有利との下馬評の中、ブラックアウト。
上位陣はオプションサイドのスーパーソフトタイヤを選択。 1コーナーにはグリッド順で入って行ったが、此処は3~5コーナーがオープニングラップの勝負処。 此処でジェンソンは6番手迄ポジションダウン。 そして、4コーナーでセブがルイスを交わして行く。 オープニングラップを終えた時点のオーダーは、セブ、ルイス、マーク、フェリペ、フェルナンド、そしてジェンソンだ。
皆がタイヤケアのドライビングで慎重なレース展開。 DRSが使える様に為ったタイミングで、セブとルイスのGAPは、1秒2。 マークが赤い車2台の蓋に為って居る感じだ。 いや、フェリペが2枚目の蓋に… 気温が下がった所為では無いのかも知れないが、意外にタイヤが保って居る。 最初のPI はジェンソン、14周目。 アンダーカット狙いだったのだが、ニコと絡んで目的を達成出来ず。 翌周にはフェリペとマークが入り、更にルイス、フェルナンドが入る。 最後にセブが17周目に入り、Q1で使ったオプションタイヤを履いて出て行く。 オプションが思ったより良かったと云う訳だ。
このタイミングに、3コーナーでビタリーがミハエルに突っ込んで、SC。 SCの後ろのオーダーは、セブ、ルイス、マーク、ジェンソン… セブの再スタートは定評が有り、問題無くトップをキープ。 赤い2台、今度はニコに行く手を阻まれる。 この日はフェラーリパイロットのフラストレーションが溜まりそうだ。 漸く27周目に赤い2台が前に出るが、フェルナンドはフェリペの後ろの儘。 プライムタイヤを履いて居るマークが、ルイスをオーバーテイクしようとトライする中、両車同時にPI 。 更にドッグファイトはチェッカー迄続く。 其の間にセブとジェンソンがプライムに履き替える。 38周目にフェルナンドも最後のPI して、フェリペがギリのタイミングをフェルナンドに譲る。 此れでコース上での争いのみで雌雄が決する状況に為った。 2,3番手が争って居るので、残り10周の時点でセブのリードは10秒を超える。 ジェンソンがマークに追い付き、三つ巴の様相の2番手争いに為った。

F1 2011年 韓国GP 決勝
最早、セブは別世界を走って、其儘優勝。 ファイナルラップにファステストと云う意気も見せて、順当な結果で終わる。