田崎真也×Due Italian@大つけ麺博/浜松町2011/10/04 23:23:00

大つけ麺博の第1章で伺わなかったコラボ作品が、コンビニで450円で売って居たので、買って見た… 美味しく無いんですが…
田崎真也×Due Italian@大つけ麺博/浜松町-1

清々しい秋空に誘われて、浜松町へ。 開店時刻の2分前に到着すると券売機の前に100人程の行列、既に喰券を持って居る人が15人程並んで居る。 前売券を買って居るのでは無く、喰券を纏め買いした方達の様で、何れにせよヲタクの列(笑)ね。 各ブースへのルートだが、会場の中央部分だけを通す様にして、オープン直後の行列順が乱れない様に工夫した、GJ。

田崎真也×Due Italian@大つけ麺博/浜松町-2
「田崎さん」への誘導路には、レッドカーペットが敷かれて居るが、其処へ向かったのは小生の前では、御一人だけだった。

田崎真也×Due Italian@大つけ麺博/浜松町-3
だが、この日は評判に反して?、後客は10名以上。 最初の一杯が提饗されたのは、15分程後の事。 麺の茹で具合を実喰してチェックして居たのは最初だからかな? 大変丁寧な仕事振りだが、活気が無いなぁ… 遣る気が無い様にも感じて仕舞った。 粋なレストランルックの御姉さんから、作品を受け取る。 何事にも高級感を漂わせたいと云う趣向の様で、下卑た音楽とか掛け声は不要と云うスタンス。

田崎真也×Due Italian@大つけ麺博/浜松町-4
陽射しが強いので、テントの下が良い。 思いは同じで、見事に此処に皆が集まる。 ファーストロット組でも提饗に時間が掛かった御店に向かった人は不利だねぇ。
で、この作品だが、最早、つけ麺では無い。 でも、美味しかったけれど… スープはソースで有り、トロミたっぷりのデミグラス。 どんなワインが使われて居るのかは判らないのだが、好みの味わい。 麺は中華麺と云うよりもヌードルで有り、イタリアン其物だ。 麺に乗せた野菜のジュレも普通に美味しい。 実はこの肉は、トッピング。 500円のプライスにしては流石にボリューム不足だが、テイストは充分美味しい。 葡萄牛の冷シャブだそうだが、濠太剌利の牛なのかな。 少し変わったテイストのマスタードが添えられて居るが、此はシャブシャブ用なのかどうかは判らない。 多少山葵風味にも思えるので、冷シャブにはマッチして居た。 ソースに落とした麺に少し乗せても良い感じだ。
もう一度、申し上げたい。 此はつけ麺では無いが、中々美味しかった。 ディッシュにシャブ肉と一緒に盛り付けて、1000円で出せば、オフィス街のランチで遣って行けそうだ。