吉左右@木場 9回目2011/02/28 21:38:38

早くも2ヶ月を消費して、残り10ヶ月と為った2011年。 慌しい中、昼喰を… 時計は13時30分を廻って居る。 外は霰だか氷雨だか… 此れはチャンスで有る。 こう云うタイミングこそ、吉左右時間だ。 で、滴が傘を叩く音の大きさに戸惑い乍、木場迄足を延ばす。 丁度、満席だが行列は無く、5分と待たずに店内へ。 奥様が事前に注文を訊いて下さるのだが、この日は着丼迄、10分程掛った。

吉左右@木場 9回目-1

吉左右@木場 9回目-2
この日は珍しく、「つけ麺」を御願いした。 そうだった、このプリプリとした喰感の色白の美人さんな麺。 一味唐辛子を振って(上品な容器で一寸ずつしか出て来ない)、先ずは直喰。 加水率の高い麺だが、ムチプリな感じが此迄以上に好みに感じられた。 淡いと思われた小麦粉の風味も直喰すると感じる事が出来る。 漬汁は、初口には酸味を感じる。 此れも毎回の事だが、直ぐに酸味は識別出来無く為るのだが… そして、カレー粉を隠し味に使って居ると毎回思うのだが、違うんだろうなぁ。 メンマや解したチャーシュウがスープに潜むが、燦燦斗とは違う、魚介豚骨ベースの味わいはマイルドで優しい印象だ。 勿論、麺とのマッチングも非常に良くて、直喰も良いが、合わせてナンボなのは、当たり前だ。
この日はスープを割って頂いたが、とても麗しい。 まぁ、此れなら大人気なのは無理は無い。 外を見ると、14時を廻って居るのに傘が3本見えるなぁ…
尚、フォトはS001で撮った。

コメント

トラックバック