西尾中華そば 其の1842011/02/16 22:08:31

暖かく為って来ると花粉の飛散が気に為る。 花粉レーダー?でチェックすると、伊豆半島では既に「多い」のデータが検出され始めた。 鼻をひく付かせ乍、霜降に到着。 少しピークを外したので、やや落ち着いたオペレーションだ。 既に玄米味噌も始まって居たのだが、御好意を有り難く、牡蠣味噌を小林さんに造って頂く。

西尾中華そば 其の184
西尾さんのブログでフォトは拝見して居たが、味噌2に対して牡蠣1の比率で造られたそうで、大変な牡蠣ボリュームだ。 合わせた味噌は通常の物だそうだが、スープの色はすっかり牡蠣色。 蓮華で掬ったスープを一口。 あの少し渋る様な牡蠣の風味が強く出て居る。 成程、如何に牡蠣がたっぷりと投じられて居るのかが、判るテイストだ。 辛味も良く出て居るし、葱と蘖が沢山の味噌との組み立ても凄く良い。 チャーシュウもスープと良く絡んで美味。 麺は何時ものマサ配合麺だが、牡蠣の独特な風合とも素敵にコラボして居る。 亦々、完飲・完喰して仕舞った。 勿体無くて、スープは残せません… 前日はフリーク、ノンフリーク諸兄で大賑わいだったそうだが、このテイストなら無理からぬ事だと納得。 数有る味噌シリーズの中でも、ひとつの目玉作品だけの事は有る。

コメント

トラックバック