らーめん まる玉@辻堂/藤沢 3回目2011/02/15 22:53:46

この夜は地元の寄合。 其前の腹拵に寄ったのが、「らーめん まる玉」。 前年の9月以来、3度目の訪問。 開店直後だった様で、最初の客と為ったが、後客続々であっと云う間に満席。 大人気だねぇ… 御馴染さんと御店主の会話に依ると、最近、何かに掲載された見たいで、其の効果なのかも知れない。

らーめん まる玉@辻堂/藤沢 3回目
御願いしたのは、基本の「まる玉 らーめん」。 其れに100円で檸檬を追加した。 早速に半分にカットされた檸檬が搾汁器と遣って来て、「搾って御待ち下さい」、「少しづつ入れて下さい」と二言。 ぎゅうぎゅう搾って居ると、早くも着丼。 そうだった、提饗は速いんだった…と同時に、「麺固目」と云わなかった事も思い出した。
スープは比較的ライトな鶏白湯なのだが、前回は手際が悪い為りにイケるテイストだと思ったのだが、この日は凡庸な印象。 すっかりスマートなオペレーションには為ったが、何だか特徴の薄い鶏白湯に為って仕舞ったなぁ。 青葱と石蓴(あおさ)が適度に乗って居る。 其々の名前を冠した作品を頂くとたっぷり乗るのだろうが、此れ位のボリュームで充分だ。 檸檬は少量ずつ落して、良く撹拌してトライするべきで、檸檬汁の濃い処を掬っては、酸っぱいだけで有る。 麺は細麺だが、案の定、緩い… あ~、地元のラーメンフリーク氏のアドバイスは未だ生きて居た様だ。 其れにしても、どなたも「麺固目」をコールしないなぁ、WHY? 元々、インパクトの有る麺では無く、やや粉々した麺。 スープに負けて居るとも取れるが、其のスープが… 最後に残ったスープに檸檬汁を全部投じて見たら… やっぱり、Too Sour だ(笑)。
4回目の訪問は大分、先に為りそうだ。 ローカルチャンプかも知れないが、激戦地には出て行けない(行かなくても良いのですが)と云う妄想。

コメント

トラックバック