○心厨房@木場 6回目2011/02/15 22:47:02

前夜からの湿雪が可也残った道を行く。
○心厨房@木場 6回目-1
花壇で震えて居るのは、ビオラ。 未だ暗い早朝のショットにトイカメラのアートフィルターを掛けた。
日中の陽射しは麗らかで、昼休みの歩道はビチャビチャで歩き難い。 そんな足元の中、向かったのは「○心厨房」。 前日が定休日だったので、是非、と気合を入れて、少々フライング気味に出て来たので、4人の学生さんの後と云う良い位置取り。 しかし、「悪いポジション」だった。 屋根と庇からの雪解水がボタボタ… 勿論、直撃は避けるのだが、路面の反射滴で裾が濡れて仕舞う。 処で、昨今の学生諸姉の賑やかさは、此れでもマシなんだろうな…

○心厨房@木場 6回目-2

○心厨房@木場 6回目-3
此等のフォトは、S001で撮った。
御願いしたのは、「限定20喰」の文字に誘われて、「塩つけ麺」。 だが、中々美味しかった。 此処の塩は温麺も濃厚スープだが、つけ麺の汁は更にヘヴィだ。 塩の印象は少なくて、魚介風味と動物系の味わいの融合がとても良い纏まり具合だ。 海苔の他には薄いメンマと小さな角切チャーシュウが2片入って居るだけ(麺の方に立派なチャーシュウが乗って居る)だが、スープの旨味からして文句は無い。 麺は浅草開化楼のつけ麺専用の中太縮麺。 小麦粉風味も充分で、漬汁との相性も良い。 少し固目の茹加減も良い。 「御好みで麺に絞って下さい」と檸檬が添えて有る。 直喰には流石に向かない。 漬汁との相性は… うーん、微妙だ。 小生に取っては、有っても無くても良い感じだ。 皆さん(学生を除く)、サクサク召し上がって店外の12名の待客に配慮? この日はスープ割を御願いせずに、完飲。 濃厚な儘の味わいを堪能。 チャーシュウは少し好みを外して居るが、流石に美味い一杯に満足。

○心厨房@木場 6回目-4
桜草。 此れはS001で好い加減に撮って、フォトショップで凝らずにレタッチ。

コメント

トラックバック