今日の渦 其の2922010/03/14 14:59:40

一月前に「義理」を頂戴した諸姉に御返しを…と、強風が吹き荒ぶ中、花粉に弄ばれ乍、渦へ。
土曜日と有って、既に少年がひとり扉の前に… 案の定、行列が出来始めてから、御家族3人が其処へ割り込む。 どうも、最近はこう云う行為は「割り込み」では無いと考える方が少なく無い様で、行列の後ろの方でも同じ様な行為が… 以前にも書いたが、揉め事の当事者が小生では、芳実オーナーも困るだろう。 この御家族にも見覚えが有る。 其れでは尚更だろう…と思えば、小生も何も云わない。 …だから、何も解決、改善しない。 此れで良かったのだろうかと自問悶々。
結局、席数以上の方が並ばれて、最初から外待ちの方が出る状況だ。 芳実オーナー、Rさんの大変さ加減は尋常では無く。 暫くは、持ち込んだ LAS ROCAS を辺りの様子と御喋りを肴に楽しむ事に… そう云えば、開店前にロックスオフの御店主がワインの納品に来られた。 おぉ、相変わらず順調にワインが消費されて居る様だ。 日本一ワインが出るラーメン屋さんにしたい…って、違うか。

今日の渦 其の292-1

本の少し余裕が生じたタイミングにチャーシュウの3種盛を頂く。 西班牙のグルナッシュとの相性は悪く無く、炙ったハーブロースト、鵠沼味噌ポークとも良い関係を築ける。 タレ焼は焼酎の方がベターかな? そんなタイミングにN子ちゃんが漸く到着。 席の空き方と御待ちのグループの人数のアジャストが難しいタイミングで、20分程待って貰って御隣に。 テーブル席に移ったので、S001 ではフォトテイク厳しい状況に。 補助灯を点けると、美味しそうには撮れないなぁ。 責めて、補助灯の光量を調節出来ると良いのだが。 ワインに合わせて、先日に続いて宮崎地頭鶏の腿肉のローストを頂くが、相変わらず美味。 この辺りから、亦、単なる酔っ払い状況で…何時ぞやのオジサン宜しく、蘊蓄にも為らない様な話をペラペラと…

今日の渦 其の292-2

オーダーストップのタイミングでは、醤油らぁめんをハーフで頂いたが、〆の麺としては、矢張、此れが一番かな。 特にワインだった夜でも、この繊細な醤油スープは良くマッチする。 遅く来られた常連の方や、突然来られた、あの方/この方…(笑)との話は尽き無いのだが、もう睡魔に勝てずに退散。 何時もの様に皆さんに見送って頂いて、5時間の粘着に終止符。 御迷惑を御掛けしました。

コメント

トラックバック